運営概要

運営組織

運営組織 Minamiこども教室実行委員会
実行委員構成員(団体) 大阪市立南小学校、(特活)コリアNGOセンター
所在地 大阪市生野区桃谷3-1-21(特活)コリアNGOセンター内
TEL: 06-6711-7601
活動場所 道仁連合会館
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内2丁目12−19 道仁連合会館

中央区子ども・子育てプラザ
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内2丁目12-6 市立中央区南老人福祉センター
代表者 原めぐみ(実行委員長)
実行委員(個人) 21名
教室ボランティア 約60名
事業報告書 2021年度 事業報告書 [PDF]
2020年度 事業報告書 [PDF]
2019年度 事業報告書 [PDF]
2018年度 事業報告書 [PDF]

広報活動

ともに支えてほしいから、積極的な発信を続けます

Minamiこども教室はこれまでも、現在も、積極的に情報発信を行ってきました。
外国ルーツの子どもたちの現状を多くの人に知ってほしい、関わってほしい、そして子どもを支えるネットワークを強くしたいという想いからのアクションです。
講演活動、書籍等への寄稿、TVや新聞への取材協力等々が多くの方の目に留まり、教室を知ってくださる方が増えました。
それによって多くの協力者を得、活動の幅も方向性も広がりました。
これからも、外国にルーツのある子どもたちとその家族が、地域の一員としてのびやかに生活できる社会をつくるため、Minamiからの発信を続けていきます。

メディア掲載情報

PDFファイルから詳細をご覧いただけます。

◆NHK「かんさい熱視線」2020.4.17
◆NHK「おはよう関西」2020.4.27
◆NHK「関西ニュース」2020.5.31
◆NHK「新日本風土記」2020.8.28
◆NHK「噂の保護者会」2020.11.7
◆NHK ETV特集「この国で生きてゆく~大阪 外国ルーツの子どもたち~」2021.5.22

新聞
◇毎日新聞 新型コロナ、不安定雇用の外国人家庭を直撃「必要な生活情報届かず」2020.5.7
◇朝日新聞 外国人家庭ミナミが支える2020.5.28
◇朝日新聞デジタル 「この街で育つ子を」コロナ下の外国人支えるミナミ2020.6.1
◇毎日新聞地方版 新型コロナ 在住外国人、営業自粛で困窮 支援相談会に300人「想像以上にひどい状況」2020.6.2
◇朝日新聞 10万円、夢のまた夢 日本に長年住んでも届かぬ人々2020.6.8
◇朝日新聞デジタル 「年末年始を楽しく」大阪・島之内で食料無料配布2020.12.21
◇朝日新聞 【わたしの視点】コロナ禍の公的支援 在留外国人にも届くように2021.2.18
◇毎日新聞 「500円玉貯金が最後の金」シングルマザー、テレサさんの叫び2021.3.13

寄稿
■『共生の思想と作法:共によりよく生き続けるために』法律文化社 「多文化社会のための共闘と共生:MInamiこども教室の日常的実践から」
■『Migrants Network』10月号「教育補償をめぐる困難~新型コロナがもたらした影響と課題 大阪市Minamiこども教室」
■『月間自治研:コロナ禍の在日・滞日外国人』自治研中央推進委員会「コロナ禍の歓楽街で働く外国人親子を支える:Minamiこども教室の取り組み」
■『アンダーコロナの移民たち』明石書店「大阪・ミナミの外国人家族支援」
■『子ども白書2021』かもがわ出版「特集コロナ禍から未来へ:外国につながる子どもたちに学習支援教室ができること」

SNSを活用した情報発信を行っています。Minamiこども教室の日々の日常や、子どもたちの笑顔をお届けします。フォローお願いします。

  • facebook
Translate »